2009年3月31日

Pythonの新しい文字列フォーマットメソッド

Python3.0 Hacks シリーズに記事Pythonicな文字列フォーマットforamat()メソッドが公開されている。

従来文字列フォーマットには%を使用する方法とTemplateクラスを使用する方法とがあったが、3.0からは文字列オブジェクトにformatメソッドが追加された、との事

アトリビュートの埋め込みはちょっと面白いと思った。

>>> import sys
>>> "Python version: {0.version}".format(sys)
'Python version: 2.6.1 (r261:67517, Dec  4 2008, 16:51:00) [MSC v.1500 32 bit (Intel)]'

これは使えそう。

%演算子は,近い将来廃止されることが予告されています。
Pythonicな文字列フォーマットforamat()メソッド

とあるので、formatメソッドを積極的に使った方が良いだろうか。

最後に練習問題がある。問題を引用

以下の%演算子を使った文字列フォーマットと同じものを,format()メソッドを使って書いて下さい。3行目だけを書き換えて,format()メソッドを使って同じ出力を得ることができれば正解です。

リスト5

>>> from keyword import kwlist
>>> d={'language':'Python 3.0', 'keywords':len(kwlist)}
>>> "%(language)s has %(keywords)3d keywords" % d
'Python 3.0 has  33 keywords'
Pythonicな文字列フォーマットforamat()メソッド

挑戦してみる。
バージョンは2.6環境なのでちょっと改変して、こんな感じかな

>>> from keyword import kwlist
>>> d = {'language':'Python 2.6', 'keywords':len(kwlist)}
>>> "{0[language]} has {0[keywords]:3} keywords".format(d)
'Python 2.6 has  31 keywords'

2009年3月22日

「初めてのPython 第3版」が届いた

「初めてのPython 第3版」を注文していたが、本日3/22に届いた。もう後には引けない。
あまりプログラミング関係の本を買ったことはなかったが、もうそろそろInternetと勘で学習するのも限界がきた。じっくり読んで学習していこうと思う。
しかし分厚い。約800ページ。読みきれんぞ。
2009/3/23 本のタイトルが間違っていた(漢字をひらがなで記載していた)ので修正

2009年3月18日

あわせて読まれたい

今更ながらブログパーツ「あわせて読みたい」を導入した。2009/3/18時点ではまだ集計中と表示されている。

是非あわせて読んで頂きたい。めったに更新しないけど。

2009年3月13日

twitterデザイン設定:配色の初期値

変更する前に初期値をメモしておく

背景 #C4E1FF
テキスト #000000
リンク #0000FF
サイドバー #E0FF92
サイドバーの輪郭 #87BC44

2009年3月4日

パソコンパーツを交換した(画像多数)

もう3ヶ月前の話なのだけど。せっかく写真撮ったから載せる。

「パーツ交換」といってもほぼ全て取替え。変わっていないのはケースとDVDドライブくらい。この後HDDも装着しなければならないが、いろいろあって写真も撮るの忘れた。