2010年2月14日

第14回北海道開発オフに行ってきた

最初に第15回北海道開発オフのお知らせ。
日時 / DATE : 2010/02/20 09:30 to 17:00
定員 / LIMIT : 18 人
会場 / PLACE : 札幌市産業振興センター セミナールーム5(技能訓練棟3F) (札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1)
http://atnd.org/events/3063
2010年最初の開発オフだ。そんな開発オフの第14回目が2009/12/26に開催された。もう2010年2月だけどかまわずレポート。
今回も前回に続いて強制シャットダウンアプリを開発。今回新しくWindows7ノートPCを買ったのでVisual Studio Express Editionを使用して開発ができる。
前回作成したメインフォームではラベルをひとつ置いて、残り秒数を表示するつもりだったが、ちょっと味気ないと思っていたので、事前準備として秒数表示に利用できる画像を探した。ちょうどブログDeveloper @ ADJUSTライトニングトークタイマーを公開されていたので画像をいただいて使ってみた。カッコヨイ。でもちょっと小さい。ライトニングトークタイマーなので当然か。しかたないのでPaint.NETを使って人気海外ドラマ風な画像を作ってみた。

開発オフ当日は、この画像を基に指定された数値に該当する部分のみのImageを取得するメソッドを用意して、そのメソッドを利用して指定されたDateTimeの値を表示するコントロールを作成するところからはじめた。

''' <summary> ''' デジタル時計風表示のコントロール ''' </summary> Public Class DigitalClock Private Const OneNumWidth As Integer = 80 Private Const OneNumHeight As Integer = 120 Private Const SeparaterWidth As Integer = 40 Private _date As Date Public Sub New() InitializeComponent() Me.DoubleBuffered = True End Sub ''' <summary> ''' 表示する時間を取得・設定する ''' </summary> Public Property Value() As Date Get Return _date End Get Set(ByVal value As Date) _date = value End Set End Property ''' <summary> ''' Paintイベントを発生させる ''' </summary> Protected Overrides Sub OnPaint(ByVal e As System.Windows.Forms.PaintEventArgs) MyBase.OnPaint(e) Dim x As Integer = 0 '分 Dim minutString As String = _date.Minute.ToString("00") Using img As Image = GetNumberImage(Integer.Parse(minutString.Chars(0))) e.Graphics.DrawImage(img, x, 0) End Using x += OneNumWidth Using img As Image = GetNumberImage(Integer.Parse(minutString.Chars(1))) e.Graphics.DrawImage(img, x, 0) End Using x += OneNumWidth '区切り Using img As Image = My.Resources.sep e.Graphics.DrawImage(img, x, 0) End Using x += SeparaterWidth '秒 Dim secondString As String = _date.Second.ToString("00") Using img As Image = GetNumberImage(Integer.Parse(secondString.Chars(0))) e.Graphics.DrawImage(img, x, 0) End Using x += OneNumWidth Using img As Image = GetNumberImage(Integer.Parse(secondString.Chars(1))) e.Graphics.DrawImage(img, x, 0) End Using x += OneNumWidth End Sub ''' <summary> ''' 指定数値のImageひとつを取得 ''' <summary> ''' <param name="number">
取得するImageの数値</param> Private Function GetNumberImage(ByVal number As Integer) As System.Drawing.Image Using nums As Bitmap = My.Resources.numbers Dim recF As RectangleF = nums.GetBounds(System.Drawing.GraphicsUnit.Pixel) recF.Width = OneNumWidth recF.X = number * OneNumWidth Return nums.Clone(recF, Imaging.PixelFormat.Format24bppRgb) End Using End Function End Class
また、カウントダウンクラスにTimeUpイベントを追加。残り時間が0になったら発生させる。

Public Class CountDown Private _period As Integer Private _remaind As Integer Private _timer As Timer ''' <summary> ''' コンストラクタ ''' </summary> '''
<param name="period">タイマの間隔</param> ''' <param name="remaind">タイマの残り時間</param> Public Sub New(ByVal period As Integer, ByVal remaind As Integer) Dim callback As New TimerCallback(AddressOf TimerCallback) _timer = New Timer(callback, Nothing, Timeout.Infinite, period) _period = period _remaind = remaind End Sub
''' <summary> ''' カウントダウンを開始する ''' </summary> Public Sub Start() _timer.Change(0, _period) End Sub
''' <summary> ''' カウントダウンする ''' </summary> ''' <param name="state"></param> Private Sub TimerCallback(ByVal state As Object) _remaind -= Me._period If _remaind >= 0 Then '残り時間あり OnTick(New TickEventArgs(_remaind)) Else '残り時間なし OnTimeUp(New System.EventArgs()) End If End Sub
''' <summary> ''' Tickイベントを発生させる ''' </summary> Protected Sub OnTick(ByVal e As TickEventArgs) RaiseEvent Tick(Me, e) End Sub
''' <summary> ''' TimeUpイベントを発生させる ''' </summary> Protected Sub OnTimeUp(ByVal e As System.EventArgs) RaiseEvent TimeUp(Me, e) End Sub
''' <summary> ''' 指定のタイマ間隔が経過したときに発生 ''' </summary> Public Event Tick(ByVal sender As Object, ByVal e As TickEventArgs) Public Event TimeUp(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs) End Class
これで必要なクラスはそろった。これらのクラスを以下の作戦でシャットダウンアプリを完成させる。
  1. カウントダウンクラスのオブジェクトを作成
  2. TickイベントとTimeUpイベントのハンドラを追加してカウントダウンスタート
  3. メインフォームをダイアログ表示
  4. Tickイベントハンドラではイベントデータの残り時間をフォームに渡す
  5. TimeUpイベントハンドラではメインフォームを閉じる
  6. メインフォームが閉じたらシャットダウンを実行
なんとか開発オフ中に実装することができたので、成果発表にもお見せすることができた。成果発表の時にも話したが、カウントダウンする秒数は設定ファイルで指定することができるようにした。5分に設定すればライトニングトークタイマーとしても使えると思う。
完成したものを公開したいが、公開場所などを整えてからにする。

2010年2月12日

居酒屋BAR バニアントゥリー(その2)

前にも紹介したバニアントゥリー。他にも紹介したいメニューがあるので追加エントリー。

まずは「若鶏のサクサク焼き」。ビールにぴったりの人気メニュー。

2つ目は比較的新しいメニューの「クリーミーなピラフ(ポーク)」。カレー風味なので一瞬カツカレーと勘違いしてしまいそうな。あ、またビール飲んでるね。

3つ目も新し目のメニュー。とろとろしたチーズの「プチ・プレジール」。これはワインと一緒に頂きたい。でもこのときもビール飲んでた気がする。


大きな地図で見る

2010年2月3日

東京ぶらり旅してきた

2009年の話なんだけど。

Guns 'n Rosesのライブに行った翌日、せっかくだから東京ちょっとぶらり旅した。

まず最初は浅草寺へ。雷門

12月なので正月な飾りもあった

本堂は修復中

お昼にそばを食べて、新東京タワー「SkyTree」を見に行った。

想像以上にでかかった。このときは235mだった。

小道を歩いていると地面に寝て写真に撮っている人が。近くに行ってみると確かに、下から上まで全部をフレーム内に納めるにはもう寝ないと入らない。僕も寝るまではしなかったけど、座ってできる限りカメラを下の位置でがんばって撮ったのが下の写真。

最後は秋葉原へ。特に目的は無いからぶらぶらと。噂に聞いた「天皇メイド」も拝見することができた(今はマネキンになってしまったようだ)。

ケバブが売っているのを発見しおやつに。いつの間にか秋葉原名物になっていたようだ。

その他の写真はここからどうぞ。
振り返ってみると、2008年に東京行ったときと似たようなコースな気がする。

2010年2月2日

スープカレー SHO-RIN

札幌すすきのの中にあるスープカレー屋「SHO-RIN」。飲んだ後のラーメンの替わりにスープカレーはいかが?

普段は飲んだ後にラーメンを食べたいと思うことがないが、この日はちょっとお腹が空いていたから、試しに行ってみた。

正直なところ、個人的に「しめに食べたいスープカレー」と思うスープではなかった。飲んだ後となると、あっさりした「しょっぱい系」のスープが欲しいところだが、ここのスープはちょっとこってり系だった。

スープカレー自体は美味しい(はず。酔っ払ってたのではっきり言えない)。昼食べるときはこってり系の方が好みだから、今度はお酒飲む前に行ってみようと思う。


大きな地図で見る