2009年4月21日

CLR/H第40回勉強会に参加してきた

CLR/Hの第40回勉強会に参加してきた。

  1. ハードウェア情報アプリケーションの開発 ~茨の道の歩き方~
    • Crystal Disc Infoを作った
    • Crystal Markも作った
    • Crystalシリーズ作った
    • 低レイヤープログラミングは楽しい
    • ベンチマークソフト
    • 各ハードウェアのテストモジュール書くのは大変
    • スコアの算出も大変
    • コンパイラによってもスコアが変わってくる
    • ディクスベンチマーク
    • 単位MB/sは、1024*1024と1000*1000とがあるので注意
    • ダイレクトアクセス型のディクスベンチマークでOSあるディスクを書き込みテストは自殺
    • CPU
    • ユーザーモードとカーネルモードがある。
    • MSR:マシン固有レジスタ
    • RDMSR(読み込み)とWRMSR(書き込み)
    • ユーザーモードでRDMSRすると一般保護例外
    • カーネルモードで無効なアドレスを読むと、Blue Screen of Death
    • Blue Screen of Death専用マシンを用意
    • ディスク情報
    • S.M.A.R.T.:ハードディスクの故障を予測
    • 最近のHDDにはたいてい搭載されている
    • USB接続のHDDでは見れない
    • ライブラリWinRing0も作った
    • GUIの多言語にも力を入れている
  2. 遺伝的アルゴリズム ~ことはじめ~
    • 数学ガール良いよね
    • 遺伝的アルゴリズム:1975年に提案された
    • 生物の進化をヒントにしている
    • メタヒューリスティクス:汎用的に利用できるある程度正解に近い解を得る方法
    • 「生物のヒントにヒントを得た、汎用的に利用できる、定式化された形で表現したもの」
    • 「初期集合」「評価」「選択」「交叉」「変異」
    • 100%最適な解が得られるとは限らない
    • 遺伝子の表現は通常「0」と「1」で表現する。整数の配列でもかまわない
    • 場合によっては、全く最適ではない解に収束する場合もある
    • 初期集合や交叉・選択を操作することで、より効率的に最適解を得る事ができる

低レイヤープログラミングは面白そうだ。GUI多言語の話はセッションではしなかったが、結構力を入れているようでP1000110GUIの仕組みも面白い工夫がされているそうだ。見た目は重要。 これほんと。

遺伝的アルゴリズムでは、最初難しくてついていけてなかったが、最後のDemoを見て何とかイメージつかめた。アルゴリズムについて真剣に話を聞いたのは初めてだったかも。

0 件のコメント:

コメントを投稿