2011年4月20日

第57回CLR/H勉強会に参加してきた

2011/4/16はCLR/Hの第57回勉強会が開催されたので参加してきた。今回はOracleデイ

Windows Phone 7はじめました

  • App Hubへの登録→Webサイトは日本語に対応している
  • Windows Phone Developer Tools(WPDT)
  • SilverlightかXNAで開発
  • デバッグはVSからエミュレータ上のアプリをリモートデバッグ
  • 日本語VSにテンプレートがインストールされない
    →テンプレートフォルダのフォルダを日本語用にリネームすることで対応
    1033:英語テンプレート 1041:日本語テンプレート
  • アプリケーションバーのアイコンはデザイン時に表示されない(実行してはじめて表示)
  • Reactive Extensionsで非同期処理
  • XAMLにコントロールのイベントハンドルを書くのがよい
    →C#でHandle句がないことによるデザイン時の問題が解決

Reactive Extensionsについては全くチェックしていなかった。

プログラマのためのOracle DBA入門

  • DBAとはデータベース管理者

Oracleの仕組み

  • インスタンス:データベースを管理する一連のメモリ構造
  • SGA(System Global Area):インスタンスに対する制御情報やキャッシュなどの共有メモリ
  • 記憶領域:制御ファイル・Redoログファイル・データファイルなど
  • PGA(Plogram Global Area)
  • リスナー:クライアントからの接続を最初に受け付けるプロセス

インストール

  • 「ガッツ石松でもインストールできる」
  • Windowsでは基本的に「次へ」をクリックするだけでとりあえずはインストール可能

データベースを作ってみる

  • Database Configuration Assistant(DBCA)
  • スクリプトを出力することもできる
  • 作成されるスクリプトは「バッチファイル+SQLファイル」
  • このスクリプトを弄っていくのが、Oracleを学習するのにおすすめ
  • ブロックサイズは作成時にしか指定できない。実際には慎重に決定する

データベースの設計

  • ASM(Oracle独自のファイルシステム)
  • 初期化パラメータ(PFILEとSPFILE)基本的にはSPFILEを使う
  • データとインデックスは表領域をわけるとよい(バックアップを効率よく行う為)

パフォーマンスチューニング

  • チューニングは「より速く」することではない、ボトルネックを解消することである
  • ベースライン(普段のパフォーマンス)を知ることが重要

バックアップ・リカバリ

  • リカバリのできないバックアップは意味が無い
  • 必ず復旧試験をする
  • 許容可能なダウンタイムを設定する

Oracleのサポート

  • パッチのダウンロード
  • KROWNの専用情報にアクセス

表領域を考慮したデータベースの作成は一度してみたい。そこまで求められる仕事に就いたことはないんだけど。

Oracleで行ってみよう!

  • 現在の最新は11g Release 2
  • 開発用途ならOTNから入手して無料利用OK(機能制限・有効期限なし)
  • ODAC 11.2.0.1.2 with ODT for VS
  • CBO(コストベースオプティマイザ)チューニング
  • ヒント句チューニング前提はもう古い
  • 統計情報は最初から自動取得
  • 正規化がより重要に
  • 最近はTNSNAME.oraを用意する必要は無い→配布がより楽に
  • OracleへのアクセスはWebサーバにして、Webサービスで各クライアントと通信
    →今後のスマートフォン対応も可能
  • Silverlightの勉強としてもWindows Phone7を弄るのもよい

開発用途では無料というのは本当にありがたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿