2017年5月30日

Ubuntu 16.04でAnsibleを始める時にはまったこと(インストール編)

結構時間がたってしまったけど「初めてのAnsible」を買ったので、Ansibleを勉強している。
Ubuntu 16.04をVirtualBoxのゲストとして2つインストール。1つはcenter、もうひとつはnode1という名前とする。
centerにAnsibleをインストールし、centerからAnsibleを使ってnode1を制御していく構成で進めていく。

インストールするときにちょこっとはまったので、その対処方法をメモ
インストールはpipで行おうと、まずはpipをインストール。つづけてAnsibleをインストールするとエラーが発生した

> apt install pip
> pip install ansible

build/temp.linux-x86_64-2.7/_openssl.c:434:30: fatal error: openssl/opensslv.h: そのようなファイルやディレクトリはありません
    compilation terminated.
    error: command 'x86_64-linux-gnu-gcc' failed with exit status 1
    
    ----------------------------------------
Command "/usr/bin/python -u -c "import setuptools, tokenize;__file__='/tmp/pip-build-2dGflM/cryptography/setup.py';exec(compile(getattr(tokenize, 'open', open)(__file__).read().replace('\r\n', '\n'), __file__, 'exec'))" install --record /tmp/pip-YAGHX3-record/install-record.txt --single-version-externally-managed --compile" failed with error code 1 in /tmp/pip-build-2dGflM/cryptography/

「openssl.c:434:30: fatal error」とある。OpenSSLのソースコードがないためにエラーとなっているようだ。これはlibssl-devをインストールすれば解決できる。

> apt install libssl-dev
> pip install ansible

すると、めでたくインストールが成功した、とのメッセージが表示された

Successfully built ansible
Installing collected packages: ansible
Successfully installed ansible-2.3.0.0

0 件のコメント:

コメントを投稿