2009年2月7日

よりPythonicなPythonを目指して

@ITにPython 3での機能変更についての記事が公開されている。

よりPythonicなPythonを目指して[前編]
Python 3が後方互換性を捨ててでも求めたもの

  • print()関数 - 式から関数へ
  • 8ビット文字列から、ユニコード文字列へ
  • 新しい文字列型「bytes型」

よりPythonicなPythonを目指して[後編]
言語としての一貫性を重視したPython 3の進化

  • int型の統合、数値の扱いの変更
  • イテレータとview
  • より明確な文法となった「例外」
  • モジュールの統合や改名
  • Python 3の進化の方向性

後方互換性を捨てたバージョンアップの内容がわかりやすい。Python 3からPythonをはじめる者にとっても、非常に為になる記事。

さて、すっかりPythonの勉強をサボってしまった。何かネタを決めて取り組んでみよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿